スマホ・タブレットの方はコチラへどうぞ!  
 
淵野辺の学習塾エブリィ TOP>>受験報告
9期生(29年卒業)中3の受験結果
  入試制度が改革され、5年目の神奈川県公立高校入試が行われました。受験生の公立志向が再び高まる中、9期生はしっかり3年連続「全員、第一志望合格」という結果を残してくれました。

  新制度下でも、相模原市内のほとんどの公立高校は、内申点をおろそかにしない、内申点と入試の「バランス重視」型の選抜基準を発表してきました。そのため、まず「学校の内申点を上げる」という普段の授業の目標は、公立高校はもちろん、私立高校の推薦合格者を出したことから、ある程度達成されたものと思われます。

 また、エブリィでは9月と11月に「W合格もぎ」(神奈川新教育)に参加しております。さらに1月は5回もの入試模擬試験を実施して合否判定を行います。9月の模試では学校の成績をあげることを優先しているために十分な結果を挙げることができなかった生徒たちも、入試対策の指導が始まるとみるみるうちに得点を伸ばしていったことが分かります。その結果、今回も内申点については不利でも、入試で挽回=合格した生徒が多数おりました。

 過去9年を振り返りますと、3期・4期・8期・9期生の中から公立上位校合格者を出すことができました。『中堅校からトップ校まで。』個々のレベルに合わせた丁寧な指導が実った形となりました。

 9年間(卒業生78名)で、第一志望校合格率は97%!この実績は、生徒たちが成績をとるだけでなく、地に足の着いた学力を身につけていた証です!

1〜9期生の進学先はコチラ!